メールでのお問い合わせはこちらから
  • 0120-56-2982東京本社
  • 0120-25-2982大阪営業所
  • お気軽にお問合せ下さい。(ご相談は無料です。)
  • 営業時間 / 9:00-18:00(月曜日~金曜日)

データ復旧サービス

パソコン講座

データ復旧サービス

パソコン講座

初心者のためのパソコン講座

Exif(イグジフ)とは

ファイルのタイムスタンプを確認する
図:1
Windowsのタイムスタンプイメージ画像

ファイルやフォルダには、作成した日時の属性情報があります。 ファイルを更新すると、タイムスタンプも更新した日時に変わります。Windowsエクスプローラー(Macの場合、ファインダー)の表示を変更すると確認でき、最新のファイルを見つけたい時なども、並べ替えれば簡単に確認できます。これらの情報は、ファイルフォーマット上で管理されています。

画像データの属性を確認できるExif(イグジフ)
図:2
画像データの属性を確認できるExifのイメージ画像

Exif(イグジフ)は、Exchangeable Image File Formatの略で、イグジフ又はエグジフと読みます。画像データの属性が自動的に保存されたものを指します。画像ファイルを右クリックし、プロパティの全般タブで、作成、更新、アクセスした日時のタイムスタンプを確認することができます。詳細タブで画像のファイルサイズがわかるようになっています。(Macでは、画像をダブルクリックしてプレビューで画像を表示したら、メニューのツールから「インスペクタを表示」→ExifでExif(イグジフ)を確認できます。デジカメやスマートフォンで撮った写真には、「いつ、どこで、誰が、どんな設定でどんな機材を使って撮影したか。」というような詳細な情報がExif(イグジフ)に記録されています。注意が必要なのは、画像ファイルをインターネットにアップロードする場合です。アップロードされた画像ファイルは、誰でも簡単に画像をダウンロードし、Exif(イグジフ)を見ることができます。ネット上にはどんな悪意を持った人がいるかわかりません。画像ファイルをインターネットにアップロードする際はExif(イグジフ)を削除してからのアップロードが賢明です。
ちなみに、Twitter、LINE、Instagram、Facebookなどの主要なSNSでは、アップロードされる画像のGPS(位置情報)は、自動的に削除されていますが、各サービスによっては、設定が変更になる可能性もありますので、画像の取り扱いには、注意が必要です。

Windowsで画像ファイルのExif(イグジフ)を削除する方法
  1. 1. 画像を右クリックし、プロパティでExif(イグジフ)が表示されますので、詳細タブを確認します。
  2. 2. 詳細タブの一番下に、「プロパティや個人情報を削除」という文字列があるので、そこをクリックする。
  3. 3. 削除の仕方には2通りありますので、どちらかを選んで「OK」をクリック。
Macで画像ファイルのExif(イグジフ)を削除する方法

Macには、WindowsのようなExif(イグジフ)を削除する機能がありません。ImageOptimというフリーソフトがExif(イグジフ)の削除に使えます。ImageOptimは、画像のファイルサイズを小さくするソフトですが、画像ファイルをドラッグ&ドロップするだけで画像のExif(イグジフ)情報を削除してくれます。

セキュリティ

セキュリティについて

当社ではお客様の情報を適切に管理・保護することを重要な社会的責務と考え、セキュリティの強化に努めております。

国際標準規格であるISO27001情報セキュリティマネジメントシステム
一般財団法人日本情報経済社会推進協会によるプライバシーマーク
一般財団法人日本情報経済社会推進協会によるプライバシーマーク
データ復旧のご相談は無料で承ります。
お気軽にご連絡下さい。

営業時間 / 9:00-18:00(月~金)

^