メールでのお問い合わせはこちらから
  • 0120-56-2982東京本社
  • 0120-25-2982大阪営業所
  • お気軽にお問合せ下さい。(ご相談は無料です。)
  • 営業時間 / 9:00-18:00(月曜日~金曜日)

データ復旧サービス

お客様からのご相談

データ復旧サービス

お客様からのご相談

お客様からのご相談

ご相談18USB メモリーのファイルが壊れてしまいました。もしかしたら、いきなり抜いたからでしょうか。

USBメモリーを直接開いて編集しました。作業が終わったので、PCに保存して、そのまますぐUSBを抜いたら、PCには保存されておらず、USBメモリーの中にもありませんでした。

ピーシーキッドからのアドバイス必ず「ハードウェアの安全な取り外し」を行って行ってから、USB メモリーを抜いてください。

USBメモリーは書き込む速度があまり速くありません。USB3.0対応のUSBメモリでさえ安価なものだとだと30MB程度しか書き込みません。なので、Windowsの場合、「保存しました。」と表示させておき一旦メモリに仮置きしてその後もUSBメモリーに書き込みを続けるというようなことをしています。 そのため、いきなりPCからUSBメモリーを抜いてしまうと、実際にはまだUSBメモリーへの書き込みが終わっていないので、ファイルは破損した状態になってしまうということです。従来の、タスクバーにある「ハードウェアの安全な取り外し」を押してからUSBを引き抜くと言う作業はUSBメモリーに書き込みが完了するのを待つという意味合いがあります。

usbメモリーのイメージ画像

尚、外付けのHDDの場合も同様です。比較的最近のHDDなら1秒間に100MB程度の速度で書き込みを行いますが、大量のデータを書き込む場合、一部のファイルが破損してしまうリスクがありますので、必ずタスクバーにある「ハードウェアの安全な取り外し」を行ってから取り外して下さい。書き込み作業が終了する前にUSBメモリーを抜いてしまった場合、そもそも正常なデータがUSBメモリーには存在しないことになるので、データ復旧でもデータは戻ってきません。この場合、正常なデータはPC側から取り出す必要があります。

セキュリティ

セキュリティについて

当社ではお客様の情報を適切に管理・保護することを重要な社会的責務と考え、セキュリティの強化に努めております。

国際標準規格であるISO27001情報セキュリティマネジメントシステム
一般財団法人日本情報経済社会推進協会によるプライバシーマーク
一般財団法人日本情報経済社会推進協会によるプライバシーマーク
データ復旧のご相談は無料で承ります。
お気軽にご連絡下さい。

営業時間 / 9:00-18:00(月~金)

^